ルクルーゼで美味しい料理が作れる理由

ルクルーゼの鋳物ホーロー鍋は便利に使えるだけではなく、
確かに本当に食材が美味しく感じられます。

だからこそ、「美味しさ」にこだわる主婦の方からも多く愛用されているわけですね。

ルクルーゼは"栄養""美味しさ"も逃しません!

私は最近はフライパンとルクルーゼでほぼすべての調理をしていますが、
旨みを逃さないタジン鍋にも似たような感じで1つ1つの食材の旨みが楽しめます。

ルクルーゼの美味しさのヒミツ

優れた熱伝導で食材を美味しいままで

鋳物は熱伝導に優れているので、食材は熱でふんわりと包まれるように加熱され、
鍋底から全体にムラなく均一に火が通ります。

ドーム型のフタによって作り出される熱と蒸気の対流が食材を包み込む

ルクルーゼのココットのフォルムの特徴の1つに、ドーム型のフタがあります。

実はこのフタは何度も改良がされている「美味しさのヒミツ」を支えるポイントで、
この丸みを帯びたフタによって食材に熱と蒸気が上手く伝わります。

スチームコントロール

ルクルーゼのココットで料理をしているとよく分かりますが、
加熱をしていると蒸気がフタの3か所から出ていることが分かります。

これはフタの3ヵ所にあるスチームポイントからスチームがコントロールされていて、
鍋の中に適度な水分を保ち続けることで素材の旨みが引き出されます。

耐久性と美しさを叶えたエナメルコーティング

ルクルーゼのお鍋は世代を超えて受け継がれるほど耐久性が高いことから、
「百年鍋」とも呼ばれています。

ベースコートの上にエナメルコーティングをするその独自の技術は、
他社には真似できない高い技術だとされています。

臭いや汚れが付きにくく、上手く使えば一生モノにもなる耐久性はさすがです。